ELOSEGUIエロセギとは

ELOSEGUI(エロセギ)とは

1858年創業、150年の歴史を有するELOSEGUIエロセギは、ベレー帽の起源とされるスペイン・バスク州で現存する唯一の帽子メーカーです。ヨーロッパを始めアメリカやアジア各国において高いシェアを占める国際的企業であり、ELOSEGUIエロセギが送り出す伝統的なベレー帽は、群を抜いた品質の良さと美しいデザインを併せ持ち、世界中で高い評価を得ています。

ELOSEGUIエロセギの歩み

1858年 ― ELOSEGUIエロセギの創業

歴史

ELOSEGUIエロセギの歩みは、今からおよそ150年前、1858年にまで遡ります。
この年、スペイン・バスク地方のトロサにて、創立者ANTONIO ELOSEGUIアントニオ エロセギにより、チャンスを意味する「NACEナイス」の名で設立。織から仕上げ作業まで、ベレー帽に関する全ての工程を一貫して行う一貫生産体制により、徹底した品質管理と柔軟な製作力を発揮します。
本格的な伝統ベレー帽を作るバスク地方最古の帽子メーカーとして、ELOSEGUIエロセギは大きな第一歩を踏み出したのです。

1878年 ― 事業拡張

歴史

ベレー帽の本場・バスク地方において、ELOSEGUIエロセギによるベレー帽の品質やデザインは大きな評価を獲得し、順調に事業を拡大させてゆきます。
1878年になると、更なるベレー帽の製造と企業発展のため、大規模な機械を工場に導入。工場内には当時最先端であった様々な機械が立ち並びます。
当時の生産を支えていたこれらアンティーク・マシンは、今なおELOSEGUIエロセギにて稼働を続けており、百年以上前の古きよき物作りの時代を伝承しています。

1915年 ― 国際的企業への成長

歴史

1915年になると、ELOSEGUIエロセギによるベレー帽の評判はスペイン国内に留まらず、諸外国の人々の目にも留まるようになり、世界へと羽ばたき始めます。
スペイン、フランス、ドイツ、イングランド、アメリカ、南アメリカ、フィリピンなど、各国との取引を開始。ベレー帽の本場・バスク地方における老舗メーカーとして、名実ともに国際的企業への発展を遂げます。

1918年 ― 更なる飛躍

歴史

国際的企業へと発展を遂げたことで、ELOSEGUIエロセギは更に大きく成長していきます。
1918年には、従業員数も約200人となり、日々3500個ものベレー帽を生産するに至ります。
当時の写真からは、自ら手掛けたELOSEGUIエロセギのベレー帽を誇らしげに被って記念撮影に挑む幾人もの人の姿を見て取ることができます。

1920年 ― ブランド名の変更

歴史

ELOSEGUIエロセギの歴史は60年を超え、当初は一地方の民族衣装に過ぎなかったベレー帽も世界中に広く知られるようになってきました。知名度を高めてゆくベレー帽、その伝統的制作と普及を担う老舗メーカーとして、ELOSEGUIエロセギはベレー帽に込められた文化的価値と、その文化を伝承してゆく重要性を感じました。
この志を受け、ELOSEGUIエロセギのルーツ復興の気運が高まり、ブランド名を創立当初の「NACEナイス」から創立者の名である「ANTONIO ELOSEGUIアントニオ エロセギ」に変更します。

1967年 ― 現在のブランド名へ

歴史

ELOSEGUIエロセギの歴史は百年を刻み、もはや押しも押されぬ老舗ベレー帽メーカーとして、世界にその名を轟かせます。
ベレー帽と言えばELOSEGUIエロセギである、という責任と自負を胸に、スペイン語でベレーを意味するBOINASボイナスを冠に抱き、ブランド名を現在の「BOINAS ELOSEGUIボイナス エロセギ」へと変更します。

1979年 ― 工場の移転

歴史

今後の益々の発展を見据え、スペイン・バスク地方のトロサにある3500平方メートルの本社工場を近隣へ移転する他、別地域にも工場を構えます。
写真はトロサの街並みです。ELOSEGUIエロセギのベレー帽は、この美しい土地で誕生するのです。

2008年 ― 150年祭

歴史

2008年、ELOSEGUIエロセギは創立から150年を迎えます。
これを記念し、ELOSEGUIエロセギでは大々的に「150年祭」を開催。裏地に150年の歴史を証明するクラシックなネームタグを施したベレー帽の他、今までのコレクションをまとめた記念碑的な本を発表します。
これはただ単にELOSEGUIエロセギの歴史を表すだけのものではありません。バスク・ベレー帽の発展史であり、バスク地方トロサにおける繊維業界史であり、そこに従事する労働者達の歴史に光を当てる、文化的な試みでもありました。
「ベレー帽を被る度に、150年の歴史を頭上で感じてもらえれば幸いである」と、当時のインタビューでELOSEGUIエロセギのマネージャーは語っています。

2014年 ― 新たな歴史へ

歴史

ベレー帽の伝統を後世に伝えるELOSEGUIエロセギだからこそ、トップブランドの名に慢心せず、古きを知り尽くした上で新しい進化に挑む――ベレー帽における新時代を切り拓くため、ELOSEGUIエロセギは創造への飽くなき挑戦を続けます。
この年、伝統的なベレー帽「クラシック・コレクション」を発売する一方、次世代を担うベレー帽として「モダン・コレクション」を発売。従来の伝統をベースに、現代的感性を大胆に取り入れた斬新なベレー帽は、国内外で大きな反響を呼び起こします。
1858年の創業から150年余。ベレー帽最古の老舗メーカーELOSEGUIエロセギは、他の追随を許さないパイオニア・メーカーとしても、益々ベレー帽の普及と発展に貢献してゆくことでしょう。

ELOSEGUIエロセギのベレー帽制作の様子

ELOSEGUIエロセギの帽子製造や工場を、動画でご紹介いたします。

ELOSEGUIエロセギのベレー帽は、織から仕上げまで全ての工程を自社で一貫して行い、徹底した品質管理を可能としています。この一貫生産体制が、高水準のクオリティを保ち、自由なデザインのベレー帽を生み出す秘訣です。
また、工場内では百年以上前の歴史を継承するアンティーク・マシンが今なお稼働し、伝統的な物作りを見て取ることができます。

  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子
  • ELOSEGUI(エロセギ)ベレー帽制作の様子

バスク地方のサン・マーシャル祭

サン・マーシャル祭のパレード

イルン市では毎年6月末になると、伝統的なバスクの夏祭り「サン・マーシャル祭」が行われます。1522年にバスク地方の民兵軍がフランス軍に勝利した6月30日を記念する日であり、街をあげての華やかで壮大なパレードが行われ、大勢の観衆が押し寄せます。
赤いネクタイ、腰に巻いた赤いスカーフ、黒いジャケットに白いズボン等がパレードの服装ですが、やはり一際目を引くのが、赤いベレー帽。バスク地方の伝統を重んじるELOSEGUIエロセギは、バスクのベレー帽老舗として、このお祭りを応援しています。

日本唯一のELOSEGUIエロセギ専門店

ELOSEGUI(エロセギ)

ヨーロッパで最も古い企業の一つであるELOSEGUIエロセギは、歴史に積み上げられた屈指の技術をもって、老舗帽子メーカーの名を揺らぎないものとしています。

織りから仕上げまで、全ての生産プロセスを一貫して自社工場で行う徹底した生産管理により、目を見張るような高品質のベレー帽を世界に提供。全世界の帽子ファンを魅了し続けています。

そしてこの度、満を持し、日本初のELOSEGUIエロセギ専門店として皆様にこれらの帽子をご紹介できる事となりました。
日本の帽子ファンの方々に、150年の歴史と伝統を数えるハイクオリティなELOSEGUIエロセギのベレー帽をお届けできることは、当店にとっても幸運の極み。自信を持っておすすめいたします。

最高級のベレー帽がもたらす言い様のない満足感を、ぜひご自身でお確かめください。